日本中央アジア学会
日本中央アジア学会報に戻る
12
日本中央アジア学会2014年度年次大会

プログラム

発表要旨
  • 熊倉潤「政治エリートの形成過程に関する中ソ比較研究」
  • Asel Subagojoeva(スバコジョエワ アセリ)「日本語とキルギス語の補助動詞の対照研究――「〜ておく」と(v-koy)について――」
  • 小野瑞絵「北コーカサス内でのイスラーム主義の急進化と拡大――青年ジャマーアトが果たした役割――」
  • 川本正知、中西竜也、黒岩高「スーフィズムの「中国的」諸相――ムジャッディディーヤ科研中国北西部地域調査報告――」
    1. 「ムジャッディディーヤ科研における中国北西部地域調査の位置づけ」(川本)
    2. 「中国のスーフィズムとスーフィー教団――歴史的概説――」(黒岩)
    3. 「スーフィズムの「中国的」諸相――諸教団の実態――」(中西、川本)
パネル・セッション

主旨説明:地田徹朗
  • 地田徹朗「アラル海災害からの「復興」と小アラル海漁業」
  • 中村知子「国境域における地域変容――イリ盆地を例に――」
  • 古澤文「新疆ウイグル自治区における施設栽培による農産物輸出の現状」
  • 渡邊三津子「青果物流通の変化にともなうカザフスタン地域農業の変容」
日本中央アジア学会2015年度年次大会

プログラム

発表要旨
  • 大倉忠人「末子相続の経済的利点――キルギス民族の末子相続の事例を踏まえて――」
  • 藤本透子「国立民族学博物館の中央アジア展示リニューアル――現地社会との関わりを中心に――」
  • 河原弥生「19 〜 20 世紀前半における右岸バダフシャンのイスマーイール派信徒たち――アーガー・ハーンとの交渉を中心に――」
  • ヌルマンベトヴァ・アクベルメット「キルギスにおけるJICA ボランティア事業の成果と課題」
  • 中村朋美「19 世紀前半のロシアが目指した新疆貿易――シベリア初、「インドへの道」の再燃――」
  • 川本正知、河原弥生、和崎聖日「フェルガナ盆地のムジャッディディーヤ――ムジャッディディーヤ科研ウズベキスタン調査報告――」
    1. 「ムジャッディディーヤ科研とウズベキスタン調査(2014 年9 月及び2015 年9月)」(川本)
    2. 「現代ウズベキスタンのスーフィズムとスーフィー教団――ナクシュバンディー教団、ヤサヴィー教団、カーディリー教団――」(和崎)
    3. 「ムジャッディディーヤのフェルガナ盆地への伝搬」(河原)
    4. 「マジュズーブ・ナマンガーニーとその教団」(川本)
    5. 「ハジーニ―研究事始め――カッタ・ケナゲス村をたずねて――」(和崎)
パネル・セッション

趣旨説明:湯浅剛
  • 三船恵美「中国からのアプローチ――中国の『一帯一路』構想における中央アジア――」
  • 井上あえか「パキスタン政治の変化と域内国際関係」
  • 齋藤竜太「ウズベキスタンの水資源管理への援助活動」
中央アジア研究動向
  • 櫻間瑛「シンポジウム「ロシア・中国におけるムスリム・マイノリティと国家:20世紀政治変動期における多文化共生の実践とその課題」参加報告」
  • 新免康「国際学術会議 “Xinjiang in the Context of Central Eurasian Transformations” 参加報告」
中央アジア現地事情
  • 熊倉潤「モスクワと北京、香港」
中央アジア関連研究文献リスト2015

投稿規定・執筆要領

日本中央アジア学会会則


  • 日本中央アジア学会報 第12号(2016年)
  • 2016年3月25日発行
  • ISSN 1880-0076
  • 編集・発行:日本中央アジア学会
  • 192-0393 東京都八王子市東中野742-1 中央大学文学部新免研究室内
  • 編集委員会:宇山智彦、岡奈津子、小沼孝博、帯谷知可、坂井弘紀、澤田稔、藤本透子、湯浅剛、吉田世津子