日本中央アジア学会
日本中央アジア学会報 - JACAS Bulletin
『日本中央アジア学会報』(JACAS Bulletin)は毎年1回発行される当学会の学会誌です。2005年3月より発行が開始されました。

『日本中央アジア学会報』投稿規定・執筆要領
(原稿の締切が変更されましたのでご注意ください)

 第15号発行のお知らせ

2019年7月31日に、当学会の会報『日本中央アジア学会報』(JACAS Bulletin)の15号が発行されました。詳しくは下記をご覧ください。
15
研究ノート
  • 宗野ふもと「ソ連期ウズベキスタンにおける社会主義的近代化と女性─「シャフリサブズ『フジュム』芸術製品工場の労働者の事例から─」


特別寄稿
  • アブドゥルマジード・ハサンハン・ヤフヤー、編訳・注釈 木村 暁/ 編訳・注釈・序文 和崎 聖日「ウズベク語におけるクルアーンの解釈と翻訳について」

  • フダーイベルガノフ・カーミルジャーン、解説・編訳注 木村 暁「イチャン・カラ水利抄史」

追悼
  • 新免康「真田安先生のご逝去を悼む」

日本中央アジア学会2018 年度大会プログラム
         
日本中央アジア学会 2018年度大会発表要旨
  • 大倉忠人「クルグズにおける非畜産業従事者の家畜資産保有の経済的利点─ナルン州アクタラ地区並びにナルン市におけるプレ調査報告─」

  • 塩野﨑信也「ロシア帝政期南東コーカサスの村落における家族の姿」

  • ウメトバエワ・カリマン「アクン技芸の音楽構造の分析─新資料から見直すクルグズとカザフスタンの語り物(Oral Narrative)─」

  • ベクトゥルスノフ・ミルラン「革命期及びソ連初期におけるカザフ人とクルグズ人エリートの関係について」

  • 秋山徹「ソ連中央アジア創成期におけるクルグズ人旧首領一族の動向─ 民間所蔵史料と公文書館史料による復元の試み─」

  • 村上智見「サマルカンド市所在グリ・アミール廟出土の織物について」

  • ディシュコフ・アルマス「「中央アジア+日本」対話─ 着想から実行へ─」
日本中央アジア学会2018年度大会公開パネルセッション報告要旨
  • 小松久男「一つの文書から何を読み取るか─ 近現代史の史料について─」

  • 宇山智彦「中央ユーラシア史研究がロシア史・比較帝国論に対して持つ意義」

  • 新免康「内陸アジア史研究と中央ユーラシア史─ 近現代新疆研究の動向を中心に─」

日本中央アジア学会2018年度大会公開講演要旨
  • 方麗娟、要旨翻訳 熊倉潤「中国元代医書に見る「回回医学」の特徴」

  • 周耿生、要旨翻訳・追記 熊倉潤「タジキスタン政治の変遷─世俗・宗教関係の考察─」

書評
  • 小松久男「Ayida Kubatova, Kırgızistan’da Ceditçilik Hareketi (1900 - 1916), Aktaran: Ali Ünal, Ankara: Bengü, 2018, 276 p.」

中央アジア関連研究文献リスト2018

投稿規定・執筆要領

日本中央アジア学会会則