日本中央アジア学会
日本中央アジア学会年次大会
日本中央アジア学会年次大会は、本学会の会員である中国領、旧ソ連領にまたがる中央アジアを研究対象とする学生・研究者を参加者として、毎年3月に開催されています。
2 0 2 0

概要

  • 日程:2021年3月20日(土)〜21日(日)
  • 会場:Zoomオンライン開催
  • 実行委員:樋渡雅人(委員長)、塩谷哲史、宗野ふもと、磯貝真澄、和崎聖日

プログラム

3月20日(土)

◇午後の部

【個人発表】
  • 司会:野田仁(東京外国語大学)
  • 長峰博之(小山高専)「「17 世紀末ヴォルガ・ウラル地方史料『ダフタリ・チンギズ・ナーマ』の 4 写本:ロンドン、 パリ、ベルリン、エディンバラ」
  • 討論者:河原弥生(東京大学)

  • 王雨寒(北海道大学)「カザフスタンにおけるウイグル人の文化人類学的研究:4 人のライフストーリーを中心に」
  • 討論者:田中周(東京大学)

  • 秋山徹(早稲田大学)「遊牧英雄から民族英雄へ?:クルグズ首領シャブダンをめぐる歴史実践を中心に」
  • 討論者:坂井弘紀(和光大学)

  • ディシュコフ・アルマス(筑波大学)「カザフスタンと日本の核のつながり:着想・利益・アイデンティティ」
  • 討論者:小池孝行(元在キルギス共和国兼タジキスタン特命全権大使)


3月21日(日)

◇午前の部

【個人発表】
  • 司会:岡奈津子(アジア経済研究所)
  • トクトスノワ・ローザ(東京大学)「キルギスにおける高校生の進路選択パターンとその背景:インタビュー調査を通じて」
  • 討論者:河野明日香(名古屋大学)

  • タスタンベコワ・クアニシ(筑波大学)「カザフスタンにおける教育改革の 30 年:10 年ごとの改革に共通する成果と課題」
  • 討論者:木之下健一(聖心女子大学)


◇午後の部

【日本中央アジア学会総会】

【公開パネルセッション】「中央ユーラシアの家族とジェンダー:規範・言説・ネットワーク」
  • 司会:竹村和朗(高千穂大学)
  • 磯貝真澄(東北大学)「中央ユーラシアのムスリム家族と女性:規範・言説研究の射程とロシア的文脈の検討」
  • 帯谷知可(京都大学)「O. S. レベヂェヴァと A. アガエフのムスリム女性解放論」
  • 宗野ふもと(筑波大学)「家族強化論と「封建的」な家族・ジェンダー規範の考察:ウズベキスタン・シャフリサブズ市の女性工場労働者の事例から」
  • 討論者:佐々木紳(成蹊大学)、畠山禎(北里大学)


【JACAS-ESCAS Joint Panel】
  • 司会:Sabina Insebayeva(筑波大学)

  • 【Book Launch】
  • Alexander Morrison(オクスフォード大学)
  • “The Russian Conquest of Central Asia”
  • 討論者:植田暁(アジア経済研究所)

  • 【Lecture】
  • Abel Polese(ESCAS Board member、立命館大学、ダブリンシティ大学)
  • “Why Can’t We Really Blame Informality for Weak Governance in Central Asia and the Former USSR Region: Sharing Reflections and Evidence from the Shadow Economy Index Calculation”
2 0 1 9

概要

  • 日程:2020年3月21日(土)〜22日(日)
  • 会場:Zoomオンライン開催
  • 実行委員:樋渡雅人(委員長)、塩谷哲史、宗野ふもと、諫早庸一

プログラム

3月21日(土)

◇午後の部

【個人発表】
  • 司会者:地田徹朗(名古屋外国語大学)

  • ベクトゥルスノフ・ミルラン(北海道大学)「ソヴィエト初期カラ・クルグズ自治州における現地人エリートとヨーロッパ系活動家の対立問題―「31人の声明」を中心に―」
  • 討論者:植田暁(アジア経済研究所)

  • ソイポフ・ジャスル(筑波大学)「Japanese Language School and Labor Migration: Uzbekistan Participants' Perspectives」
  • Commentator:Obiya Chika (Kyoto University)

  • 西條結人(四国大学)「大学生活場面におけるキルギスの日本語学習者の言語状況―キルギス語とロシア語の選択と使用に着目して―」
  • 討論者:入山美保(筑波大学)

  • 清水学「アゼルバイジャン外交と現代の非同盟運動の意味―バクー非同盟運動首脳会議を傍聴して―」
  • 討論者:立花優(北海道大学)


3月22日(日)

◇午前の部

【個人発表】
  • 司会者:櫻間瑛(一般財団法人ラヂオプレス)

  • 楊曦晨(筑波大学)「19世紀中葉露清関係の転換と奕山」
  • 討論者:新免康(中央大学)

  • Diyor Urmonbekov(慶応大学)「Research on FDI strategy in terms of attracting investors for the Republic of Uzbekistan: Cases from CIS (Russia, Ukraine, Kazakhstan, Azerbaijan, Belarus)」
  • Commentator:Shimizu Manabu(有限会社ユーラシアコンサルタント)

  • インセバイエヴァ・サビーナ(筑波大学)「統合を求めて―ポスト・ソビエト期カザフスタンにおける政治、権力と象徴の曖昧さ―」
  • 討論者:宇山智彦(北海道大学)

  • 李眞恵(京都大学)「現代カザフスタンにおける多民族共存へのアプローチ―カザフスタン高麗人(コリョ・サラム)を事例に―」
  • 討論者:岡奈津子(アジア経済研究所)


◇午後の部

【公開パネルセッション】

  • 「途上国研究の最前線としての中央アジア:比較政治、開発経済、国際関係、環境の視点から」
  • 司会:植田暁(アジア経済研究所)
  • パネリスト:
  • 宇山智彦(北海道大学)
  • 樋渡雅人(北海道大学)
  • 熊倉潤(アジア経済研究所)
  • 地田徹朗(名古屋外国語大学)
第1回(1999年3月) 第2回(2000年3月) 第3回(2001年3月)
第4回(2002年3月) 第5回(2003年3月) 第6回(2004年3月)
第7回(2005年3月) 第8回(2006年3月) 第9回(2007年3月)
第10回(2008年3月) 第11回(2009年3月) 第12回(2010年3月)
 第13回(2011年5月)  第14回(2012年3月)  第15回(2013年3月)
 2013年度年次大会  2014年度年次大会  2015年度年次大会
 2016年度年次大会  2017年度年次大会  2018年度年次大会    

 年次大会に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

日本中央アジア学会事務局
  • 〒060-0809 札幌市北区北9条西7丁目
  • 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 宇山智彦研究室内