日本中央アジア学会
日本中央アジア学会年次大会
日本中央アジア学会年次大会は、本学会の会員である中国領、旧ソ連領にまたがる中央アジアを研究対象とする学生・研究者を参加者として、毎年3月に開催されています。
2 0 1 5

概要

  • 日程:2016年3月26日(土)〜28日(月)
  • 場所:神奈川県藤沢市
  • 会場・宿舎:KKR江ノ島ニュー向洋
  • 実行委員:植田暁、登利谷正人、櫻間瑛、上出徳太郎

プログラム

3月26日(土)
  • KKR江ノ島ニュー向洋に集合
  • 登録・レセプション
3月27日(日)

◇午前の部

  • 大倉忠人(キヤノン株式会社)「末子相続の経済的利点:キルギス民族の末子相続の事例を踏まえて」
  • 藤本透子(国立民族学博物館)「国立民族学博物館の中央アジア展示リニューアル:現地社会との関わりを中心に」
  • 河原弥生(イスラーム地域研究東京大学拠点)「19〜20世紀前半における右岸バダフシャンのイスマーイール派信徒たち:アーガー・ハーンとの交渉を中心に」
  • ヌルマンベトヴァ・アクベルメット(筑波大学大学院)「キルギスにおけるJICAボランティア事業の成果と課題」
◇午後の部:公開パネル・セッション

パネル・タイトル:現代中央アジアへの域外からの関与:影響と課題
  • モデレーター・趣旨説明・司会:湯浅剛(広島市立大学)
<報告>
  • 三船恵美(駒澤大学)「中国からのアプローチ:中国の『一帯一路』構想における中央アジア」
  • 井上あえか(就実大学)「パキスタン政治の変化と域内国際関係」
  • 齋藤竜太(筑波大学大学院/ウズベキスタン科学アカデミー歴史学研究所)「ウズベキスタンの水資源管理への援助活動」
<討論者>
  • 清水学(ユーラシア・コンサルタント)
  • 稲垣文昭(慶應義塾大学)
※NIHUイスラーム地域研究東京大学拠点共催

日本中央アジア学会総会

3月28日(月)


◇午前の部
  • 中村朋美(京都大学大学院博士後期課程認定退学)「19世紀前半のロシアが目指した新疆貿易:シベリア初、「インドへの道」の再燃」
  • 川本正知(奈良学園大学)、和崎聖日(中部大学)、河原弥生(イスラーム地域研究東京大学拠点)「フェルガナ盆地のムジャッディディーヤ:ムジャッディディーヤ科研ウズベキスタン調査報告」
    • 「ムジャッディディーヤ科研とウズベキスタン調査(2014年9月及び2015年9月)」(川本)
    • 「現代ウズベキスタンのスーフィズムとスーフィー教団:ナクシュバンディー教団、ヤサヴィー教団、カーディリー教団」(和崎)
    • 「ムジャッディディーヤのフェルガナ盆地への伝搬」(河原)
    • 「マジュズーブ・ナマンガーニーとその教団」(川本)
    • 「ハジーニー研究事始め:カッタ・ケナゲス村をたずねて」(和崎)
第1回(1999年3月) 第2回(2000年3月) 第3回(2001年3月)
第4回(2002年3月) 第5回(2003年3月) 第6回(2004年3月)
第7回(2005年3月) 第8回(2006年3月) 第9回(2007年3月)
第10回(2008年3月) 第11回(2009年3月) 第12回(2010年3月)
 第13回(2011年5月)  第14回(2012年3月)  第15回(2013年3月)
 2013年度年次大会  2014年度年次大会  2015年度年次大会
 2016年度年次大会    

 年次大会に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

日本中央アジア学会事務局
  • 〒060-0809 札幌市北区北9条西7丁目
  • 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 宇山智彦研究室内